虫歯の詳細への対処

定義上、虫歯は歯の構造とエナメル質の損傷を指します。虫歯は、エナメル質と象牙質の層である歯の外側のコーティングにも影響を与える可能性があります。虫歯は、シリアル、牛乳、ケーキ、キャンディーなどの食品に含まれる炭水化物や糖質が歯の構造に損傷を与えると発生します。そのような食品からの残留物は、口の中のバクテリアにそれを蓄積させ、エナメル質と象牙質層の両方に影響を与える可能性があります。腐食性の歯の漂白剤も虫歯を引き起こす可能性があります。

口の中に残っている d のバクテリアは、これらの食物残留物を食べて、それらを有毒な酸に変えてプラークを形成します。歯垢の蓄積は、唾液と組み合わせた酸、食物の残骸、バクテリアによるものです。これらの有毒物質は歯に付着し、酸が歯のエナメル質に溶解すると虫歯を引き起こします。歯の穴は虫歯とも呼ばれます。

主に2種類の虫​​歯があります。それは、虫歯と裂け目です。虫歯は歯の滑らかな表面に発生し、裂傷は歯根の表面に発生します。それらは両方とも1つの歯の表面、特に歯の咀嚼面で発生します。これらのバクテリアは、甘いスナックや飲み物を間食した後の不適切な口腔衛生の後、甘い環境で最もよく繁殖します。

虫歯は歯の領域に永久的な損傷を与える可能性があり、特に硬い表面のほとんどは元に戻せません。頻繁に間食し、1日2回歯を磨かないと、虫歯の形成が促進されます。したがって、歯に永久的な損傷が発生し、その一部は元に戻せません。

子供と大人の両方が虫歯に苦しんでいます。これはそれを世界の主要な関心事にします。再発性の感染症は、感染症、炎症、およびいくつかの原因となる歯の喪失につながります。子供、10代の若者、高齢者が最も影響を受ける年齢層です。

治療せずに放置すると、虫歯や虫歯がより複雑な健康状態につながる可能性があります。歯茎などの歯のより深い層の感染も可能です。これらの歯の健康上の問題を防ぐために、定期的なブラッシングとデンタルフロスが役立ちます。また、定期的な歯科医の診察は虫歯を防ぎます。

虫歯の症状

齲蝕の一般的な目に見える症状は異なり、場所と重症度によって異なります。歯の穴が発症段階にあるとき、それは無症状であるかもしれません。それにもかかわらず、虫歯が歯の神経に達すると、症状はひどくなり始め、歯の穴によって証明されます。虫歯の臨床症状は次のとおりです。

・歯の痛みは、特に温かい食べ物や冷たい食べ物が歯に接触したときに、軽度または重度のいずれかになります。

・頬や舌で触れることに対する歯の過敏症と過敏症

・食べ物を噛むときの痛み

・黄色から茶色の歯の染み、ひどい場合は黒にもなります

・影響を受けた歯の目に見える穴または虫歯

歯科医をいつ訪問するかを知ることは、時間通りに犯人を捕まえ、健康な歯へのさらなる損傷や歯の喪失を防ぐのに役立ちます。虫歯のタイムリーな診断を得る唯一の方法は、定期的に歯科医を訪問するときだけです。あなたは歯科医に会うために歯の痛みや過敏症を経験するのを待つ必要はありません。問題を完全に制御および管理するために、できるだけ早くそうしてください。

歯科医に会うのに理想的な時期

歯に穴が開いていることに気づかないかもしれません。それはあなたの歯科医を定期的に訪問することの重要性をさらに強調しています。むし歯の兆候がなくても、定期的に歯をチェックする必要があります。ただし、通常とは異なる場合は、すぐに歯科医に診てもらうことが重要です。

虫歯の要因

虫歯の病状には時間がかかります。一晩では発生しません。虫歯はすぐには起こらないプロセスです。虫歯の発症には時間がかかります。食物残留物の蓄積により歯の表面に歯垢が形成されると、細菌が増殖し始めます。この環境はバクテリアが繁殖するための良い生息地を提供します。バクテリアは甘い歯垢を食べ、その後歯垢の攻撃が続きます。歯垢酸は歯のエナメル質を腐食し、その結果、虫歯や虫歯を形成します。歯垢による破壊として、酸はさらなる損傷を続けます。歯髄にまで及ぶ感染症は、歯に供給する神経血管と毛細血管を刺激します。感染が発生すると、内側の果肉が炎症を起こし、痛みや不快感を引き起こします。血液、歯の供給が途絶えるので、歯は腐り始めます。それが虫歯の発生方法です。

虫歯の危険因子

虫歯や虫歯は、歯がある限り、ほとんどすべての人を攻撃する可能性があります。ただし、いくつかの要因が虫歯を悪化させる可能性があります。以下は虫歯のリスクの一部です。虫歯の一因となる可能性のあるものを見てみましょう。

酸性、酸味、砂糖の多い食品

これらの種類の食品は歯に付着しているため、すすいだり、ブラシで除去したりしないと、歯垢がたまります。このような食品には、乳製品、砂糖菓子、ドライシリアル、キャンディーやチョコレートを忘れないポテトチップスなどがあります。

甘い飲み物を頻繁に飲む

砂糖を多く含んだコーヒーを飲みすぎると、歯が危険にさらされます。これらの甘い飲み物はバクテリアの成長を促進し、その結果、時間の経過とともに歯を腐食させる酸を生成します。ワインなどの酸味や酸味のある飲み物も歯を腐食させる可能性があります。

不適切な口腔衛生

1日に2回歯を磨かないと、歯の問題が発生するリスクがあります。特に後歯が最も影響を受けます。大臼歯と小臼歯は、複数の根、くぼみ、および多くの溝があるため、最も影響を受けます。これにより、掃除が難しくなり、ブラッシング時に歯ブラシが届かないことがあります。砂糖製品を摂取した後に適切な洗浄を行わないと、歯垢が形成され始め、虫歯が始まります。

フッ化物の摂取量が不十分

自然に発生するミネラルであるフッ化物は、虫歯や歯の汚れを防ぐだけでなく、虫歯や歯のバクテリアと戦うのに役立ちます。フッ化物は、初期の段階で虫歯を逆転させる能力さえ持っています。それは歯にとって重要であるため、水道会社は水処理中の水処理プロセス中に水にフッ化物を追加します。うがい薬や歯磨き粉の種類を強化します。

年齢要因

米国の超大国では、子供が虫歯に最も苦しんでおり、10代がそれに続きます。高齢者も危険にさらされています。

子供と10代の若者は、食事制限のために栄養素の摂取が不十分なために虫歯に苦しんでいます。高齢者では、いくつかの薬が歯に影響を与え、唾液の産生を低下させるため、さまざまな薬を使用すると虫歯を引き起こす可能性があります。そのような薬にはテトラサイクリン薬が含まれます。最後に、虫歯は歯茎まで広がり、虫歯が露出します。

乾燥した口腔

唾液が不足すると、口が細菌に感染します。これは、唾液が歯に形成されたバクテリアや歯垢を洗い流すときに虫歯を防ぐのに役立つためです。唾液の成分はまた、バクテリアによって生成される酸を打ち消します。化学療法などの特定の薬は唾液の産生に影響を与える可能性があります。放射線を使用した頭痛治療も唾液の産生を減少させます。

歯科用充填材とブレース

歯列矯正器と充填物は、歯を破損にさらし、歯を弱くします。これらの歯科用デバイスはまた、プラークの蓄積を促進し、洗浄を困難にするため、虫歯の進行をサポートします。

消化不良の問題

胸焼けとしても知られる胃酸の逆流による灼熱感は、虫歯を引き起こす可能性があります。それが口に流れると、その酸性の性質のために歯の腐食が起こります。胃の酸性成分は歯のエナメル質をすり減らし、最終的には損傷を引き起こします。この酸逆流はさらに歯を細菌による損傷にさらし、虫歯につながります。

摂食障害

拒食症や過食症の人は、繰り返しの強制嘔吐による虫歯に苦しんでいます。嘔吐物に含まれる胃酸は歯のエナメル質を洗い、歯を腐食させます。このような障害は唾液産生の低下にもつながる可能性があります。このような出来事は、バクテリアが繁殖するための理想的な生息地を提供します。

虫歯の合併症

虫歯は、さまざまな年齢層の人々に大きな健康上のリスクをもたらします。虫歯に関しては、子供も大人も同じように苦しんでいます。虫歯は、治療せずに放置したり、管理を誤ると、深刻な健康上の問題を引き起こす可能性があります。虫歯の診断が遅れると、深刻な健康上のリスクと合併症が発生します。

虫歯の合併症には次のものがあります:

・慢性的な歯の痛みと過敏症

・歯の膿瘍

・歯茎とその周辺の炎症

・不規則な歯の破損

・咀嚼困難

・歯を失った後の非対称の顎の位置合わせ

虫歯の重症例では、次のような症状が発生する可能性があります。

・日常の通常の活動を妨げる激しい痛み

・慢性的な歯痛に起因する栄養不足による体重減少

・抜歯後の自尊心が低い

虫歯の予防は、虫歯に起因する合併症の予防に大いに役立ちます。一般的な予防策には、フッ化物練り歯磨きと一緒に柔らかい毛の歯ブラシを使用することが含まれます。 1日2回歯を磨き、デンタルフロスも重要です。また、歯の​​ホワイトニングも役立ちます。

何よりも、歯を腐食させる可能性のある食べ物や飲み物は避けてください。定期的かつタイムリーな歯科訪問もまた別の予防策です。適切な歯科衛生は、虫歯や虫歯を防ぐのに役立ちます。むし歯の形成を防ぐのに役立ついくつかの指針があります。虫歯を防ぐ方法の詳細については、今日歯科医にアクセスしてください。