国会議事堂の暴動はアメリカの偽善のもう1つの証拠です

夢の国か嘘の国か?

2021年1月6日。

アメリカの歴史の中で、全世界が覚えている日です。

ネオナチのトランプ支持者は武装し、米国議会議事堂を襲撃し、国会議事堂の建物を拡大し、議会に避難を余儀なくさせました。彼らはとても誇りに思っていたので、それをやって自分たちでライブストリーミングしました。ああ、彼らも自分撮りをしました。

トランプ氏自身が2期目を勝ち取ったと主張し、「私たちは決して譲歩しない」と誓ったスピーチをした直後に、混乱が勃発しました。

4人の命が奪われた。 1人の女性が下院の部屋に入ろうとした後、警察に射殺され、他の3人が「救急措置」の結果として死亡した。

この4人は「暴動に参加することを決めてから来た」というコメントを読んだ。彼らが別の日を見るために生きていないことを知っていたら、彼らが参加することはないと思います。

彼らは悪い選択をしましたか?はい。彼らは(控えめに言っても)曖昧な政治的信念を持っていましたか?はい。

しかし、彼らは死ぬに値するのでしょうか?私たちはまだ人間の生活について話している。家族や友達に二度と会えない人。

法と秩序についてはこれだけです。公平性と民主主義についてはこれだけです。

「ここにあるものは、映画で見られるように、またはテレビであなたに伝えるようには機能しません。あなたは無料でお尻を動かします、そしてここの人々は恐ろしいです—冷たく、失礼で、人種差別主義者です。」

これらは、数年前に友人のアンに尋ねたときの言葉でした。アメリカでの生活はどのようなものでしたか。 初めてアメリカでの生活について、アメリカ以外の人と話しました。偏見のある記者や映画を通してそれについて聞くのではなく、実際にそこに住んでいたアメリカ人。

アンは高校を卒業した直後に家族全員でアメリカに引っ越しました。彼らは(文字通り)宝くじに当選し、海外でより良い未来を探していました。

そして、夢の国であるアメリカよりも、移動するのに最適な場所はどこでしょうか。平等、公正、正義、民主主義の地?

ええと。

ついに座ってアンとおしゃべりする機会を得たとき、私は誇大宣伝されました。大きな時差と彼女が常に忙しかったという事実のために、私たちはあまり連絡を取り合うことができませんでした。

私は長い間彼女に嫉妬していたことを覚えています。私は彼女がアメリカに住む機会を与えられてとても幸運だったと思っていました。私が高校生のとき、クラスメートのほぼ全員がどこかでアメリカに移住することを計画していました—そして私は彼らの中にいました。

それは、私がギリシャで育ったからです。ギリシャは、アメリカ人が常に親切で、歓迎的で、友好的で、困っているすべての人を助ける準備ができていると描写されてきた国です。私たちは、アメリカは勤勉と犠牲に報いる国であり、すべての人が上向きの移動が可能な国であると教えられて育ちました。

幼い頃から周りの人が「アメリカンドリーム」について話しているのを聞いたことがあります。誰もがアメリカをすべてが可能であり、夢のすべてを実現できる唯一の場所と見なしていました。

その日、アンが私に最初に言ったのは、彼女が3日間休暇をとることができるようになる前に、2年連続でノンストップで毎日働いていたということでした。 同じことが彼女のボーイフレンドにも当てはまりました。彼らは移民だったので、人々は彼らを見下しました。アンの兄弟であるトムは、公然と誇りを持ったゲイの男性です。彼は性的指向のために、さまざまな環境で何度も嫌がらせを受けています。

私はインターナショナル&で学士号を取得しています。ヨーロッパ研究。私のクラスの60%以上は、国際法と国際政治関連でした。それらを通して、私はアメリカの偽善を見始めました。

アメリカは早い段階で人権の世界的擁護者の役割を果たしてきましたが、私がゆっくりと学び始めたため、国際法と人権に何度も違反しました。

ブッシュのイラク侵攻のように。

またはニカラグアの場合。

またはグアンタナモ湾。

または人種的憎悪/白人至上主義の何百万もの犯罪。

または、最近では、人種差別と差別を永続させるトランプ政権の非人道的な移民政策のすべて。

LGBTの人々の権利を損なうすべてのポリシー。

米国はいつでも好きなときに好きなことをしているようです。全世界ができるのはただ見守ることだけです。

「人権」を気にするのは、その利益が脅かされているときだけのようです。

「すべての人にとって人生がより良く、より豊かで、より豊かになり、能力や成果に応じてそれぞれの機会が与えられる土地の夢。」

これが、ジェームズトラスローがエピックオブアメリカ

で造った「アメリカンドリーム」の定義です。

黒人にとって「豊かで充実した」生活は可能ですか?黒人の女性はどうですか?さらに進んでみましょう—黒人レズビアンはどうですか?

黒人/アフリカ系アメリカ人や米国のLGBTコミュニティの人々を標的としたヘイトクライムについて聞いたため、ニュースを見るのが辛くなってきました。

1月6日も当時の1つでした。ニュースを見るのは、とても辛かったです。今回はヘイトクライムを見ていませんでした。私は、民主主義、法、正義を損ない、同様に苦痛を伴う衝撃的で恐ろしいシーンを見ていました。

そして、白人至上主義のデモを忘れないでください。暴動が黒人だったとしたら、どれだけ多くの暴力と死がもたらされるか想像してみてください。

10年前に誰かが私にアメリカに引っ越したいかどうか尋ねたら、私は「はい」と叫んだでしょう。

今私に尋ねると、私が考えることができるのは、人種差別がまだアメリカにどれだけ問題があるかということだけです。暴力も。そして、同性愛嫌悪、外国人排斥、性差別を忘れないでください。これらのことは、ずっと前に「夢の国」で排除されていたと思います。

しかし、そうではありません。代わりに、アメリカはそれが個人主義に基づいて構築された偽善の地であることを何度も証明しています。誰もがケーキのスライスを持つことができるわけではありません。 すべての人権が保護されているわけではありません。そして、ジョージオーウェルの言葉を借りると、「すべての動物は平等ですが、一部の動物は他の動物よりも平等です。」

民主主義へようこそ。