個人情報の盗難と特別検察庁の必要性

すべての州には、個人情報の盗難/金融詐欺の調査と起訴を専門とする特別検察庁が必要です。これは、多くの場合、複数の法域にまたがる犯罪です。これにより、そのような犯罪の強力な調査と起訴が容易になります。金融犯罪や個人情報の盗難の捜査や起訴において、局地的な起訴で発生する問題は数多くあります。それは蔓延する犯罪であり、犠牲者の数、限られた政府資源、過労または経験の浅い検察官、犯罪の要素に関する知識または理解の欠如、および物理的犯罪で使用される管轄権への伝統的なアプローチの適用が問題をさらに悪化させます。

1972年9月19日、ニューヨーク州知事のネルソンD.ロックフェラーは一連の大統領命令に署名しました。その1つが特別検察官の任命につながり、州検察官を創設しました。違法薬物の販売と使用の急増に対処するために、特別麻薬検察庁として知られる検察庁(Najdari、1974)。

1972年、ニューヨーク市特別麻薬検察庁(OSNP)が設立され、ニューヨーク大都市圏にサービスを提供する5つの地方検事事務所のそれぞれの人員、設備、およびリソースを1つの事務所に統合しました。 。 OSNPは、麻薬関連の犯罪について市全体の管轄権を持っています。他の5つの地方検事は、OSNPのスタッフに弁護士を割り当て、麻薬犯罪者の起訴に関して同様の方針を策定することにより、OSNPと緊密に協力しています。スターリング・ジョンソンは、最初の特別麻薬検察官として、麻薬問題に関して他の地方検事の公式スポークスマンです(H.Rep。No.SCNAC-96–2–15、1980)。

アイデンティティに基づく犯罪は、過去20年間で最も重大で増大している問題のひとつであり、被害者に重大な経済的損害を与えています。この種の被害の可能性に影響を与える要因を検討している人はほとんどいませんが、オンラインアウトレットを介した個人情報の使用と利用可能性の増加により、IDベースの詐欺のリスクが大幅に増加しています。 (Holt&Turner、2012年、308ページ)。

個人情報の盗難は新しい犯罪ではありません。インターネットのずっと前に、泥棒はローテクな方法を使用して、人々の信用文書と身分証明書を取得して悪用していました。個人情報の盗難の手法には、簡単な盗難、破棄された財務記録とクレジットカード明細書の「ダンプスターダイビング」、メールボックスからの事前承認済みクレジットカードアプリケーションの盗難、郵便局を介した「住所変更」フォームへの記入による被害者のメールの流用、低額のセキュリティ保護などがあります。 -消費者の社会保障番号、信用報告書、および財務記録にアクセスして盗むための組織でのレベルの雇用。これらの手法は依然としてほとんどの個人情報盗難事件の原因となっていますが、インターネットと消費者情報を保存するためのデータベースの使用の増加により、ハイテク泥棒は一度に大量の個人情報に簡単にアクセスできるようになりました。泥棒が物理的なメールボックスを監視して1人の個人の新しいクレジットカードを盗むのと同じ時間で、泥棒はフィッシング詐欺を仕掛け、数百または数千の個人識別情報を盗む可能性があります(Lynch、2005 。

過去20年間で、インターネットは個人情報の盗難を犯すためにますます使用されています。たとえば、「フィッシング」は、「不正なメールやウイルスを送信して、疑いを持たない顧客を偽の銀行のWebサイトに引き付け、銀行口座番号とパスワードの入力を要求する」ことを含むスキームです(Tcherni、Davies、Lopes& A. Lizotte、2015年)。 )。個人識別情報(PII)を取得することにより、さまざまな金融犯罪を犯す目的で身元を盗むことができます。個人情報の盗難やその他の金融詐欺には、サイバー犯罪の要素が含まれています。個人情報の盗難は、インターネットを介して「サイバースペース」でますます行われています。サイバースペースは、「インターネット対応のデジタルデバイスを介した通信やその他のオンライン活動が行われる環境」と定義されています。このスペースは、個人が情報を伝達、開示、交換、取得し、関係を発展させ維持し、お金を動かす方法を変えました。」 (Maras、2017、pg.4)。

犯罪の委託でインターネット、コンピューター、および関連技術を使用する場合、その人はサイバー犯罪者と見なされます。サイバー犯罪は、次の6つの提案された類型に分類できます。サイバートレスパスとサイバーバンダリズム。サイバー盗難;対人サイバー犯罪;サイバー逸脱と公序良俗に反するサイバー犯罪。組織化されたサイバー犯罪;および政治的サイバー犯罪」(Maras、2017年、4ページ)。

「サイバー犯罪者は、Webサイト、コンピューター、その他のデジタルデバイスを標的とする違法行為にも関与しています。」 (Maras、2017年、4ページ)。

サイバー犯罪者は、被害者を攻撃、攻撃、脅迫、屈辱、嫌がらせ、窃盗、その他の方法で被害を与え、コンピューターやその他の技術デバイスを悪用して損傷する可能性があります。これらのアクターによって実行された犯罪は、サイバー犯罪と呼ばれます。このタイプの犯罪は、世界中の個人に到達して影響を与える能力があるため、従来の犯罪よりもはるかに大規模に発生します。さらに、サイバー犯罪は物理的、地理的な境界によって制限されていません。代わりに、それはそれらを超越します(Maras、2017、pg.4)。

コンピューター技術の進歩とインターネットの発達により、なりすまし犯罪を実行するために必要な情報を入手するためのより多くのオプションがなりすまし犯罪者に提供されています。なりすまし犯罪者は、データベース、パソコン、または企業のコンピュータシステムをハッキングすることで、被害者の個人情報を入手できる可能性があります。したがって、インターネットを使用すると、潜在的なID泥棒は、被害者の自宅、オフィス、公共図書館、ホテルの部屋、またはインターネットにアクセスできるその他の場所から被害者の個人情報を取得できます。このような簡単なアクセスにより、なりすまし犯罪者が被害者のゴミや郵便物を調べたり、被害者をスーパーマーケットに連れて行ったり、被害者の個人情報を取得するその他の従来の方法を利用したりする必要がなくなります。さらに、インターネットを使用すると、なりすまし犯罪者は事実上世界中のどこからでも被害者を探すことができます。最後に、ID泥棒は、被害者の個人情報の取得方法に関係なく、インターネットを介して犯罪を実行する可能性があります(Perl、2003年)。

物理的な境界がないため、サイバースペースでの個人情報の盗難の調査と起訴の可能性は、さまざまな理由で厄介なものになる可能性があります。

どのような法的および起訴の問題が発生したかを尋ねられたとき、67%がデジタル犯罪の管轄を超えた性質を挙げました。国境を越えた犯罪を検討する地元の検察官を報告した機関はありませんでした。この種の犯罪は、連邦違反であるかどうかを検討するために、米国連邦検事局に照会する必要がある場合があります。また、54%が検察官がテクノロジーを理解していないと感じ、49%が裁判官がテクノロジーを理解していないと感じ、44%が州外の召喚状を執行するのが困難であることがわかりました。さらに41%は、ある地区での重罪が別の地区での軽罪である可能性があるなど、法律の解釈に矛盾があったことを示しました。他の調査結果は、33%が法律がテクノロジーに追いついていないと感じ、28%が国際的なスレッドに直面し、18%が不適切な法律に遭遇し、15%が倫理違反に遭遇したというものでした。多くの場合、犯罪の時間、予算、性質を考慮して、最も効果的に起訴できるものに帰着します(Gogolin&Jones、2010年、138ページ)。

個人情報の盗難を起訴するときに検察官がしばしば直面する問題の1つは、起訴する適切な場所を見つけることです。たとえば、州Aに住む個人情報泥棒は、州Bに居住する被害者の個人情報を取得し、その情報を使用して州CまたはDで犯罪を実行する場合があります。さらに、彼女の犯罪を実行する個人情報泥棒は、部分的には、インターネットを介して会場の決定をさらに複雑にする可能性があります。この潜在的なジレンマを認識し、一部の州では、「被告が実際にそのような地域にいたかどうかに関係なく、識別情報が流用された人物が居住する地域、または犯罪の一部が発生した地域」で起訴を行うことを許可しています( Perl、2003)。

国境と州境の両方を越える可能性のある個人情報の盗難/金融詐欺の調査と起訴の問題を考慮すると、場合によっては連邦の起訴につながる可能性があります(個人情報の盗難とそれに関連する振り込め詐欺の罪)。一部の米国連邦検事局は、起訴する個人情報の盗難/金融詐欺のケースに関するガイドラインを確立しています。通常、高額の金額または多数の被害者が関与するケースに設定されています。米国司法省の連邦検察原則のセクション9–27.200によると:

政府の弁護士が、ある人が自分の管轄内で連邦犯罪を犯したと信じるに足る原因があると結論付けた場合、その人は次のことを検討する必要があります。

訴訟を受け入れることを決定する際には、米国司法省の連邦検察原則のセクション9–27.230で次のように定義されている「実質的な連邦の利益」が必要です。

検察が実質的な連邦の利益に役立つかどうかを判断する際に、政府の弁護士は、以下を含むすべての関連する考慮事項を検討する必要があります。

所在する地区の犯罪を調査するために割り当てられている米国連邦検事局では、地区内の米国連邦検事補(AUSA)の数は人口によって異なります。事務所はまた、訴訟を起こすことを決定する際に、連邦政府の優先事項/リソースを考慮することができます。人口密度の高い地域では、一般的に、郡ごとに分けられた地方検事事務所が多くあります。ただし、両方のオフィスはいくつかの点で制限されています。連邦または地方の地方検事局による個人情報の盗難/サイバー個人情報の盗難の効果的な調査と起訴を制限する可能性のあるいくつかの要因は、事務所の方針、特定の事務所の人員とリソース、現行法の誤解または時代遅れの知識、および割り当てられた検察官のケースロード。

セクション9–27.230は、「連邦法執行の優先事項」(USDOJ、2019年)に対応しています。

連邦法執行機関のリソースは、連邦管轄権が存在するすべての申し立てられた犯罪の起訴を許可するのに十分ではありません。したがって、効果的な全国的な法執行プログラムを達成するために限られたリソースを割り当てるために、司法長官は時折、全国的な調査および検察の優先順位を確立することがあります。これらの優先事項は、連邦法執行の取り組みを、連邦管轄内で最も連邦政府の注意に値するものであり、州または地方レベルではなく連邦レベルで効果的に処理される可能性が最も高い問題に集中するように設計されています。 (USDOJ、2019)

行政によっては、起訴の優先順位は、金融犯罪をあまり重視せずに、オピオイド危機や移民などの他の宣言された優先順位に落ちる可能性があります。

2011年、ニューヨーク州刑事訴訟法(「CPL」)が改正され、ニューヨーク州で個人情報盗難犯罪が起訴される可能性のある根本的な要因が拡大されました。これは2011年6月24日に公布され、ニューヨークに個人情報盗難犯罪および窃盗などの同じ犯罪取引の一部であるすべての犯罪の地理的管轄権が拡大されました。これにより、関連するすべての犯罪を1つの場所で起訴することが可能になり、理論的には当事者と裁判所のリソースを節約できます(NYC Bar、2011年)。

NYS CPLセクション20.40:

(l)個人情報の盗難または個人識別情報の違法な所持の犯罪、およびこの章のセクション40.10のサブディビジョン2で定義されているのと同じ犯罪取引の一部として行われたすべての犯罪行為は起訴される場合があります(i)被告が実際にそのような郡にいたかどうかに関係なく、犯罪の一部が発生した郡、または(ii)犯罪の委託時に金銭的損失を被った人が居住していた郡、または(iii)犯罪の委託時に個人識別情報が使用された人物が犯罪の委託時に居住していた郡

NYPD地区の探偵隊に7年間、その後NYPD金融犯罪タスクフォース、特別詐欺隊に4年間配属された探偵としての私の経験でしたが、2011年に法律が変更されたものの、なりすましの管轄が拡大しました。起訴、法律は管轄の問題を完全に解決しませんでした。たとえば、管轄区域がニューヨーク市の2つ以上の郡にまたがっている場合、どの地方検事局が起訴するかについて対立が生じます。考えられる原因は存在しましたが、より良い立場の管轄区域は、事件を管轄権を持っていた他の管轄区域に持ち込むように指示して起訴を拒否することがありました。場合によっては、この訴訟は、起訴されてから1か月の管轄区域によって却下されました。これらの決定は、法律が何を提供しているのか、刑事事件の要素や法律を効果的に適用する方法を知らない検察官によって行われることがよくありました。

特別検察庁を作成し、ニューヨーク市特別検察庁(OSNP)に倣ってモデル化すると、個人情報の盗難、物理的またはサイバー、および関連する金融犯罪の集中的な調査と起訴が可能になります。 OSNPは、麻薬の流行の高まりに対応して作成されました。

市全体を管轄する独立した検察庁である特別麻薬検察庁(SNP)は、ニューヨーク市の5つの行政区における重罪の麻薬捜査と起訴を担当しています。 1971年に設立され、米国で唯一のこの種の代理店です。

急増するヘロインの流行とそれに関連する暴力犯罪の急増に対応して作成されたSNPは、ニューヨーク州司法法の下で、洗練された麻薬密売組織を根絶し、従来の管轄区域を越えて犯罪者を追跡する幅広い権限を付与されました。

このオフィスの広範囲にわたる事件は、市内、米国全体、そして世界中に麻薬を配布する主要な密売ネットワークを対象としています。盗聴調査の専門知識で有名なSNPは、最先端の電子技術を使用して、ストリートレベルのディーラーからトップサプライヤーまでの犯罪企業のメンバーを特定して追跡します。麻薬と暴力の関係を認識し、ギャング関連の活動も調査しています。

この事務所は、一般の人々の意識を高め、依存症の犯罪者の治療を促進することにより、麻薬の需要を減らすことに取り組んでいます。ブレナン氏は、事務所の指導者に就任して以来、ヘロイン密売阻止ユニット、処方薬調査ユニット、デジタルフォレンジックユニット、麻薬ギャングユニット、マネーロンダリングおよび財務調査ユニットを設立しました(麻薬特別検察局、2016年) 。

述べたように、この事務所は「急増するヘロインの流行とそれに関連する暴力犯罪の急増に対応して設立された」(特別麻薬検察庁、2016年)。しかし、この事務所には、「国民の意識を高め、依存症の犯罪者の治療を促進することによって麻薬の需要を減らすことを約束している」と述べられているように、改革とリハビリの要素があります(麻薬特別検察庁、2016年)。また、オフィスは、「デジタルフォレンジックユニット」の作成など、麻薬密売と戦うための最新のテクノロジーとアプローチを最新の状態に保つために設立以来進化しており、オフィスの参照による金融犯罪の側面にすでに対応していることにも注意してください。 「マネーロンダリングおよび財務調査ユニット。」

OSNPの作成と同様に、OSNPの作成または変換、あるいは個人情報の盗難/金融詐欺の特別検察庁を作成するためのOSNPの組み込みには、知事による執行措置またはニューヨーク州議会による立法措置のいずれかが必要です。アルバニーにロビー活動をする試みがなされましたが、提案されたアイデアは十分な支持を得ていませんでした。

過去の調査、現在の情報源、および私自身の専門的な経験を調べた結果、サイバースペースで行われたか物理的な領域で行われたかにかかわらず、さまざまな形態の個人情報の盗難/金融詐欺には、専門的な調査だけでなく特別な調査が必要であることがわかりました。この特定の犯罪が提示する複雑さによる起訴。したがって、これらの種類の事件を専門とする検察官を含む特別検察官の事務所は、それと戦うためにすべての州に設立されるべきです。

参考文献

Gogolin、G。& Jones、J。(2010)デジタル犯罪に対処する法執行機関の能力とビジネスへの影響。 Journal of Digital Forensic Practice、3、131–139 https://dx.doi.org/10.1080/15567281.2010.536737

Holt、T。& Turner、M。(2012)オンライン個人情報盗難のリスクと保護要因の調査、逸脱行動33、308–323。 https://doi.org/10.15779/Z38M67D

H。担当者番号SCNAC-96–2–15、9(1980)2019年8月7日にhttps://www.ncjrs.gov/pdffiles1/Digitization/82216NCJRS.pdfから取得

Lynch、J。(2005)サイバースペースでの個人情報の盗難:フィッシング攻撃との戦いにおける犯罪管理方法とその有効性、Berkeley Tech L.J.、20(1)、28、259–300。 https://doi.org/10.15779/Z38M67D

Maras、M。(2017)。サイバー犯罪学。ニューヨーク州ニューヨーク:オックスフォード大学出版局。 https://bookshelf.vitalsource.com/#/books/9780190278458/cfi/22!/4/[email protected]:0.912

から取得

Nadjari、M、H。(1974)。 ニューヨーク州特別検察庁:必要性から生まれた創造物。 Hofstra Law Review 2、1、97–128 http://scholarlycommons.law.hofstra.edu/hlr/vol2/iss1/3

ニューヨークシティバー。 (2011)。 ニューヨークは個人情報の盗難の犯罪の地理的管轄権を拡大します。 2019年8月8日に https://www.nycbar.org/id-theft-expandedから取得しました。 / p>

ニューヨーク州刑事訴訟法、セクション20.40(l)(2011)

ニューヨーク市特別麻薬検察庁(2016年)。 会社概要。 2019年8月8日にhttp://www.snpnyc.org/about-us/から取得

Perl、M、W。(2003)必ずしも金銭についてではない:州の個人情報盗難法が前科の個人情報盗難に適切に対処できない理由、J。Crim。 L.&犯罪学、94、1、5 169–208。 2019年8月7日にhttps://scholarlycommons.law.northwestern.edu/jclc/vol94/iss1/5から取得

米国司法省、連邦検察の原則9–27.000(2018)、https://www.justice.gov/jm/jm-9-27000-principles-federal-prosecution

米国司法省、連邦検察の原則9–27.200、

起訴の開始と拒否-推定原因要件(2018)、https://www.justice.gov/jm/jm-9-27000-principles-federal-prosecution#9-27.200

米国司法省、連邦検察の原則9–27.230、

起訴の開始と拒否-実質的な連邦利益(2019)、https://www.justice.gov/jm/jm-9-27000-principles-federal-prosecution#9-27.230