一部および任意の使用方法

(誰か、誰か、何か)と(誰でも、何でも)

使用中の英文法(第2版)によると、一般的に、肯定的な文すべていくつかを使用します。強い> 否定的な文とほとんどの質問:

任意

ANY 否定的な で使用する場合、または文の意味否定的な否定的な場合

彼女は出かけました なしで 何もしません お金。
拒否 食べること 何でも

これらの場合、単語の前には、前置詞なしの前置詞や、ほとんど発生しない、またはあまり発生しないことを指すために使用される頻度副詞など、否定的な意味を持つ単語が先行します。 :ほとんどほとんどほとんどほとんど

すべてほとんどの質問でも使用されます:

何か 荷物
誰か 私のバッグを見たことがありますか

私たちはしばしば ANY after if

を使用します

ある場合 任意 let t 私にとっては、このアドレスに送信できますか?
お知らせください
必要な場合 必要な場合 何か

または、文に ifのアイデアがある場合:

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
(問題が発生した場合)

ANY 「どちらでも構いません」という意味で使用します

どのバスにも乗れます。それらはすべて中央に行きます。
(どのバスに乗るかは関係ありません)

いくつか

SOME 肯定的な文で使用されますが、ほとんどの質問でANYを使用しますが、 SOME を質問で使用する必要があります>答えが「はい」であると期待します

何が問題なのですか?あなたはあなたの目に何かを持っていますか?
(あなたは何かを目にしているようですので、答えはイエスだと思います。)

また、提供または質問する際の質問には一部を使用します:

何か食べたいですか? (オファー)
砂糖をいただけますか?
(質問)

または、 SOMEを使用して、存在することを知っている/考えている人/物について話すこともできます。

誰かを待っていますか?

一部:肯定的な文章、質問(人について話したり、私たちが知っている、または存在すると考えていると思ったり、物事を提供したり尋ねたりする。答えが「はい」と予想される場合)。

>

任意:否定的な文、否定的な意味、ほとんどの質問、ifの後、いつ文がifの考えを持っているか、「どちらでもかまいません」という意味。