ケニアが07 **プレフィックスの後に新しい携帯電話番号を取得すると、Mpesawalletは成長期待を超えるように設定されます。

SafaricomとAirtelはすでに新しい01 **プレフィックスを申請しており、それぞれ0110、0111と0100、0101、0102で始まる新しい行を展開します。そして、なぜこれがMpesawalletにとって良いニュースなのですか?答えは簡単です。電話ユーザーの数は、今後10年間で2倍以上になるでしょう。モバイルの普及も増加し、それによってM-pesaサービスにアクセスできるケニア人の数が増加します。 M-PesaはMpesawalletの生命線であるため、前者にプラスの影響を与えるものは常に後者に影響を与えます。

Safaricom wi l lは200万の番号を展開し、Airtelは300万の数字を展開します。 Telkom Kenyaは、Airtel Kenyaとの合併案について規制当局の承認を待っているため、プレフィックスを申請していません。 Mpesawalletsは、その成長期待が2倍以上になると信じています

「新しいシリーズの番号をリリースする動きは、SIMカード、モバイルデータ、マシンツーマシン通信、および通信番号を必要とするその他の新しいテクノロジーに対する需要の高まりによって必要になります」と、ケニア通信局のフランシス事務局長は述べています。ワンギシ。

Wangusi氏は、規制当局は、携帯電話用のSIMカードの複数の登録と、市場に導入された新しいインターネット対応デバイスのために使い果たされた07 **-プレフィックスの下で1億回線を提供したと述べました。

規制当局の最新の統計によると、携帯電話の加入者数は昨年12月の時点で4,900万人でした。ただし、ケニア人のほぼ3分の1が複数のSIMカードを持っているため、国内でのモバイルの普及率は100%を超えています。

同時に、モデムやスマートホームデバイスなどのSIMカード対応のガジェットで5,000万枚以上のSIMカードが使用されています。

このような接続されたデバイス(一般にモノのインターネット(IoT)に分類されます)は、自動化とリモートアクセスを可能にするネットワークリンクを作成します。

デバイスメーカーは、テレビや冷蔵庫からブレンダーやシャワーヘッドに至るまで、日常のアイテムにセンサーを組み込む方法を模索しているため、テクノロジーに精通した消費者向けにさまざまなIoT製品を作成しています。

現在、100億を超えるデバイスがIoTの一部であると推定されており、この数は今後2年間で4倍以上になると予想されています。

「私たちは、IoTのために0301から0309の間に数億枚のSIMカードを必要とする03 **プレフィックスを取っておきました。これは、今後数年間で大きな需要と成長を記録すると予想されます」とWangusi氏は述べています。 / p>

同時に、電気通信規制当局が複数のSIMカードの所有を許可する既存の法律を見直しようとしているため、ケニア人は間もなく所有できるSIMカードの数が制限される可能性があります。

CAは現在、モバイルネットワーク事業者(MNO)と話し合って、SIMカード登録に関する規制を見直し、犯罪者による使用を減らすことを目指しています。

「1つのIDを使用して複数のSIMカードを登録し、テロやマネーロンダリングに使用するケースがありました。ポリシーを確認する方法については、MNOと話し合っています」とWangusi氏は述べています。

彼は続けました。「タンザニアの隣人は、1人の加入者を1つのSIMカードに制限し始めました。同じポリシーを採用することはできませんが、モバイル加入者の生体認証登録を含むすべての利用可能なオプションを検討しています。」

Wangusiはまた、Huduma Nambaは、モバイル加入者の新しい生体認証登録を実行するよりも安価な代替手段になると述べ、規制当局はHudumaNambaを加入者の詳細にリンクしようとすると付け加えました。

Twitter: エコノミスト

Facebook エコノミスト

Youtube エコノミスト