カーペットの歴史

コミュニティがアナトリアに定住した地域でのカーペットの始まりと、 の手織りカーペットの普及は、科学の分野で受け入れられている現実となっています。絨毯は、定住した社会と一緒に行く地域で主権、祖先、富の象徴と見なされており、常に西の東の贅沢として認識されてきました。これらの豪華な織物とマットの詳細とすべての現実については、 https://woveny.com/ のアドレスにアクセスしてください。絨毯の生産がカリカラと呼ばれた場所の歴史における絨毯の中心。絨毯織りが行われる場所の社会経済状況を考えると、絨毯は美的目的ではなく、美的目的でさまざまな目的で製造されていることがわかります。それらは、初期のように、現在、素晴らしさの象徴として使用されています。過去に織られた羊毛絨毯が巻機に触れ、絨毯の骨格を形成する経糸が経糸装置で解凍された後、作業台に移され、経糸にマーキングが施されていることを確認した。カーペットは完璧に触れられました。また、さまざまな地域で手織りのウールカーペットに経糸が綿でできていることが判明しました。さらに、一部のカーペットタイプでは、使用される縦糸、横糸、結び目は一般的にウールであり、山羊ウールやシルクの場合もあります。

カーペットはメインフロアでさまざまなグループに分けられます。多くの絨毯は幾何学模様が支配的で、傘の形をした葉の模様と長い先の尖った葉のモチーフも主に使用されています。今日、カーペット織りの織りで育てられた羊の高品質の羊毛と根の染料の品質は、地元の人々をカーペットに押しやってきました。動物から細断されたこの高品質のウールは、徹底的に洗浄され、特別に作られた櫛を通過した後、乾燥されます。

クラッシャーまたはスピニングホイールの技術は、何世紀にもわたって羊毛をロープにするための応用と技術です。ウェアにウールを使用することで、縦糸、横糸、ステッチはいくつかの技術によって完全にカーペットに変わりました。

手織りのウールは、一部の地元のカーペットの中で最も目を引くものです。このアプリケーションでは、この明るさは、過去数年間のウールのシルクのような光沢とカーペットの経年変化によってより明白になることがわかります。

根の染料を得るために、自然から集められた葉、植物の根、殻は大型ボイラーで水と一緒に煮られます。色の暗いまたは明るいニュアンスを提供するために、特定の期間が沸騰段階でまだ適用されます。